月別: 2017年11月

安い光脱毛を選んでよかった!

脱毛について考える
私は以前、ニキビに悩んでフェイシャルエステに通っていました。

ニキビを治すために相当資金をつぎ込んでしまったので、気に掛かるワキ脱毛は全然できないと考えていました。

その事を通っているフェイシャルエステの担当スタッフに話したところ、そのエステサロンにも脱毛のコースがあって体験だけでもやってみないかという事になりました。

そのエステではレーザー脱毛を採りいれており、体験でワキにレーザーを照射すると瞬時に毛がなくなりました。

あんなに頑張って定期的自己処理をしているのに、レーザーを当てるだけで毛がなくなるなんて不思議だし画期的です。

どうぞやってみたいと思って値段を聞いたところ、8万円との返答でした。

定期的カミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりして自己処理をしていたのですが、8万円で定期的の時と手間が解消されるのなら、高い買い付けではないと考え、一思いに契約する事にしました。

けれども住宅に帰って丹念に心積もりてみると、8万円というお金は高すぎます。

インターネットで調査してみると、安いところなら2万円で施術が可能なというのです。

なぜこれほど値段が違うのか調査したところ、安いのは光脱毛でした。

確かエステの担当の方は、レーザー脱毛は永久脱毛だけど光脱毛は毛の生えてくるサイクルを遅くするだけで、いずれはそして必要ない毛に悩まされてしまうと言っていました。

ただしこれだけ値段が違っていれば光脱毛で未来その上必要ない毛に悩まされても、しかも施術した方がいいのではと考えました。

他にも一思いにフェイシャルエステのレーザー脱毛を取り止めして、光脱毛に通う事にしました。

結局、エステの担当者とは仲が悪くなってしまいましたが、光脱毛に通って必要ない毛が無くなり、コースが終了して5年たった今でも毛は生えてきていません。

安い光脱毛をやって正解でした。

脱毛したい理由

脱毛に勤しむ女性
私が脱毛したいという思いが強くなるのは、朝や夜の髭剃り時です。

髭剃りだけでも丁寧に行なっているので、20分近く時間を要することになります。

時間がない時はささっと髭剃りしますが後から鏡をみて髭のそり残りがちょこちょこ生えているのをみると脱毛したいと考えます。

10代20代の男性でイケメンを観察するとワイルドじゃないタイプのイケメンは女子漫画チックなのです。

どのような事かというと漫画のようにツルツルぽい若者が多々あるなと感じました。

ワイルドが似合わない自身としては漫画のキャラみたいにツルツルにして漫画やゲームのキャラ風に幻想的な男性になりたいと思うからこそ脱毛やりたいんです。

それと女装パフォーマンスをする事が場合を見てあります。

あれは髭の跡とか剃り残しが見えるとダダ滑り状況になってしまいます。

風情がすべらない女装というのは男の娘の写真や動画をみるとわかりますが、青々してないしツルツルです。

「男の娘」モデルあるいはパーフェクトな女装売りのために必ず脱毛は不可欠です。

ファンデとかコンシラーで隠せないところがあるので!旅行とか行った事例、髭剃りセットを忘れてしまう事があります。

特に何日も忘れて旅行のために買うわけにもいかないし微妙な心境になります。

しかし脱毛エステにより脱毛して生えるサイクルがすごく遅くなっているなら髭剃りセットがなくても問題なしです。

生えない風に脱毛エステによりなってるなら何日旅行行ってても剃る不可欠がなくなるからです。

ムダ毛処理で黒ずみが?

剃っても剃っても生えてきてしまい、お手入れが大変な必要ない毛ですが、必要ない毛の自己処理を重ねて行くと、黒ずみのきっかけになってきてしまいます。

特に脇やデリケートところの皮膚は柔らかくなっているため、カミソリで剃ると肌までも傷つけてしまいがちです。

特に毛抜きを使用する場合は要注意です。

毛抜きは皮膚の表面だけではなく、皮膚の下にある毛根まで傷つけてしまいます。

その上抜けきれなかった毛が埋没毛となり、その表面はカサブタのように覆われて、ポツポツとした肌になってしまいます。

どんだけ即時的に毛が抜けたとしても、肌のダメージは相当消えるものではないのです。

それ故毛抜きは無論、カミソリでの自己処理も、デリケートなところでは特に控えるようにするのが無難です。

必要ない毛を処理する上で最高手っ取り早いのは、とどのつまり脱毛サロンでの脱毛です。

低代金で余裕にスタート出来られるので、真っ先には通ってみる事をイチ押しします。

毛の量が多く、現在まで自己処理に大変な時がかかっていた事例も、毛の本数が少なくなると自己処理をする量が減り、楽になります。

他にも、自己処理をしなくてはいけないケースは、電気シェーバーを使用するのが推奨です。

根元まではわりと剃りきれませんが、カミソリなどと比較して肌へのダメージは少なくなります。

その上自己処理をした後は絶対剃ったところを冷やし、保持クリームなどをなるようにして、処理後も艶やかになるようにケアする事が価値があるです。

ムダ毛に悩む女性

美しい肌になろう

美を追求する女性
フレッシュな頃は、肌のターンオーバーが整っています。

28日のペースで、肌が新たに生まれ変わります。

ただし、30代になるとスピードが遅くなっていくので、年季の入った角質が溜まっていくのです。

肌荒れがもうに治らないと感じるようになります。

肌がくすんでしまったり、化粧ノリが悪くなる事もあるのです。

目の下にクマが際立つようになると、以前よりも老けた感触になります。

若くなりたいと思うなら、スキンケアを続けましょう。

年齢肌には、コラーゲンやプラセンタが内蔵される化粧品が影響的です。

プラセンタは、胎盤に内蔵される栄養素が内蔵されています。

肌のアンチエイジングに絶大な成果があるのです。

肌細胞が移り変わりして、真皮のコラーゲンが減少していきます。

真皮が衰えると、表皮にも影響を与えるのです。

ハリが感じられない時には、コラーゲンの内蔵される美容液を彩色ましょう。

肌の奥深くに定着させる事が大事なので、イオン導入器などを使用しましょう。

週に一度はフェイスパックをすると、ふっくらとした肌になるのです。

定期的続ける事で、肌のハリが蘇ります。

シミが見過ごせない時には、ビタミンC誘導体の内蔵されている美容液もお勧めです。

メラニンを抑制してくれる影響があります。

肌にシミが出てくると、老けた感触になってしまうのです。

表皮に出る前に防止しましょう。

シミを作らないようにする為には、いつもから日焼け止めクリームを塗る事を徹底した方が良いです。

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez